ゆるゆるフリーダム

愛媛出身千葉在住。よちよちマイペースフリーダムに生きてる二次オタフリーター24しゃい。ミニマムな生活をめざしている。刀剣乱舞と聖闘士星矢がすき。

MENU

夢や目標を諦めるのは悪い事じゃない。向いてない事はさっさとやめてしまえ。

 

どもども、タニ子でやんす。

 

プロフィ-ルにも書きましたがわたしは漫画家を目指して19歳の時に上京後、3年ほどアシスタントしたり賞に出したりしてたんですが諦めました。

 

諦めたら今までのことが無駄になると思っていた

 

f:id:taniko1008:20170708221145j:plain


諦めた理由の一つが向いてないってわかったから。
向いてないってわかってあきらめた。
向いてないからって気づくのに上京して3年もかかったんですね。


いや、始めたての頃は何でも頑張ろうって思うじゃないですか。
それが結果もでずにずるずるしてると『自分、向いてないんじゃ』って感じることあると思うのです。

その時わたしはこんなに続けてきたのにここで辞めたら無駄になる』って思ってました。

担当さんが付いて打ち合わせをしながら雑誌に投稿するようになったのが高校の時。

その後上京して3年ほど漫画家アシスタントしつつ賞に出すを繰り返してました。

あわせると5年くらいになるのかな。

 

だから 『向いてないからって理由で続けてきたもの辞めていいの?』って。

で、続けるのは良いこと、頑張って努力して続けてれば結果はおのずとついて来る。
そう考えてたんですね。


でも上京して3年たっても結果なんてでなかった。
デビューできなかった。

途中から漫画描いてる時も前みたいなやってやるぜ!って情熱とか向上心とか描きたい欲とかがもう前ほど感じなくなってきてました。(そりゃ結果でなくて当たり前だわ、努力とかそれ以前の話だし

それに気づかないふりをしてたんです。

ずっと自分の本音を隠して隠して頑張って夢を追いかけている気になってた

 


『ここでやめたら、ここでやめたら』って。


いやもう向上心とか情熱ないんだったらやってもスキル上がんないしムダだしさっさとやめろよ』
ってなんで思えなかったんだろう。

向いてないからやめるのは、悪くもなんでもない。
ただ自然な事なのにそれが『今までの自分を否定する』って思ってました。
やめたり諦めるのは否定でも何でもないのに。


当時はそう踏ん切りがつかなかったんですよねー。
それに中々気づけずにずるずる年月が過ぎてる人っていっぱいいる気がする。


辞める=悪い事
みたいな。


日本では『続ける事が美』『苦労して努力した奴こそ評価される』みたいな考えがあるけど続けて苦労して努力したって結局結果が出なければ日の出を見る事はないんだよ。

努力したからって必ず結果が出るわけじゃない。出ない人の方が多い。


そうやって夢を追いかけて日の出を見れなかった人がどれだけいるんだろう。


特に漫画家とかアーティスト系ってのは結果が全てな所がある。
実際わたしも読んでるほとんどの漫画の作家さんの過去なんて知らない。
血の滲むような努力をしたかもしれないしトントン拍子だったのかもしれない。

 

夢や目標を諦めた事は決して時間の無駄なんかじゃない

 

じゃあ結果が出なかったからその人の今までの時間はムダだったのかって言われると『それは絶対違う』と思う。
努力したけどあきらめたって事は今までやってきた事を否定するわけでもないし決してムダではないです。

だってその道を選ばなかったら知りえなかった知識や情報、考え、出会えなかった人がいるはずだから。

 


わたしも漫画家を目指さなきゃ東京なんて来なかったと思うし東京に来て世の中いろんな人がいるんだな~って本当の意味でわからなかったかもしれない。
こうやってブログも書いてなかったかも…


その道に進まなきゃやらなかった事もあるかもしれない。


自分で夢を持ってそれに向かって進んでそれだけでも大したものだと思う。


その過程で小さな事でも『何か得られたもの』があるのであればその経験はその人にとって意味のあるものになる

漫画家を目指し諦めた事によってこうして『今記事に書いている考えを得る事ができた』
これもわたしにとっては意味のあるものです。


だからわたしは漫画家を目指した事も諦めた事も後悔はしていません。
今はね(笑)


描いてるときは何でこんな事してるんだろうとか楽しくないとか途中からマイナスな感情ばっかりだったし辞めてもいいんだろうかとかぐるぐる考えてたけどさ。


辞めてから気づくもの、得るものもあるんだなって今は感じれるようになりました。

 

やめるのにも勇気がいる

 


けど、まあ、ずっと続けてきた事を辞めるのも勇気がいる事なんですよね。


特に『今まで、〇〇のために』ってのが一番やっかい。


『今まで〇〇のために頑張ってたのによー、辞めたら今まで〇〇にかけてきた時間って…ムダになっちゃうよ…』
ってなっちゃうじゃん。


勇気がいるってのもこの『今までを否定する』『やめた事を周りにバカにされそう』って気持ちをふんぎらなきゃいけない。
この感情ばかりは自分でどうにかするしかないんですよ。


自分の事だから当たり前なんだけどスッパリ踏ん切れる人もいるけどそうじゃない人もいるんだよ。

あとは周りに応援してくれてる人が居た時。
自分の夢を応援してくれる人が居るのはすごい励みになるし嬉しい事なんだけど、辞めようって思った時に今まで応援してくれた人の気持ちを裏切るんじゃ…?って考えちゃう人もいると思うんです。わたしの場合それはそこまで酷くなかったけど。


でも自分の人生で自分で決めたことなんだから別に誰に対しても『裏切ることになる』なんて気持ち抱かなくていいんです。


むしろそうやって『自分を裏切る』ことの方が良くない。絶対に。

まあそうやって『あともうちょっと頑張ってみよう』って思ってると結構日が経ってるなんて事態に陥る。
けどさ、やっててムダだって自分でわかってるんなら辞めるしか選択肢ないじゃん。

それに気づくのが遅いか早いか。
わたしの場合はちょい遅かったのかもしれないけど。

 

まとめ

 


なりたかったものになれないんだなーっとか、無理かもって気づく瞬間てあるんですよね、やっぱ。
わたしの場合辞めるのにすこし時間がかかったけど辞めてすっきりした。
やっぱ向いてなかった、本当にやりたいことじゃなかったんだなって。

逆にやっと新しいスタートラインに立てたかなって。

別のフィールドに移ったと思えばいい。

諦めたとしても現代は趣味で楽しんだり、いろんな人に見てもらう方法はいっぱいある。ブログだってその一つだし。
わたしも前ほどじゃないけど趣味でちょこちょこ絵を描いてピクシブとかに上げたりしてる。
漫画は描かなくなっちゃったけど…

だから向いてないからって夢を諦めたり辞める事は悪い事じゃないです。
だってそれだけが自分の人生じゃないんだし。

ずっと漫画家になりたくて学生の頃から描き続けてたけど。
そう考えれば10年以上も漫画描いてたんだなー。

夢を諦めた事はわたしの人生のただひとつの出来事に過ぎないです
通過点。

 

逆に夢や目標はどんどん持ってチャレンジしてみる。

そしてダメだったらやめればいい。

 

夢は諦めても自分の人生は諦めない!

 

途中で諦めたとしてもそれで得られるもの、分かる事もある。

って言うのが自論です。

 

人から見れば『夢ばっか見て現実見れなかった甘えじゃん』て感じるかもしれないけどやらずにいるよりずっといい。

やってみて、合わなかったらやめて、その繰り返しで本当に自分が輝ける何かを見つけることができる時だってある。

 

自分の人生なんだから何でもやってみればいいんだよ。

 

ちなみに書くけど決して人が追いかけてる夢や目標を辞めさせたいわけじゃない。

夢や目標を持つのは自分の人生をいきいきさせる事にも繋がるしいい事だよ。

それに向かって自分のせいいっぱいを出せばいい。

 

でもそれでもどうしても無理だなって思うのであれば辞める選択肢もあるんだぜって事。

 

以上!特にオチはない!

 

 

スポンサーリンク